コンブチャクレンズのトルラ酵母菌

コンブチャクレンズのトルラ酵母菌ってどんなもの?

コンブチャクレンズの主要成分の一つで、『燃焼』の効果を生んでくれるトルラ酵母菌。

コンブチャクレンズのトルラ酵母菌って何?

↑こちらは酵母菌の画像です↑

 

・・・うう〜ん、画像を見ただけだとちょっとキモい感じですね(汗)

でも、古くから菌類は私達の身体に良い作用をもたらしてくれ、健康はもちろん、美容面でも注目をされてきたものです。

 

なかでも酵母は、ビールやワイン、日本酒など、食生活をよりよいものにしてくれただけではなく、体に良い作用をもたらしてくれるものばかりです。

 

もちろん、私達日本人の生活に欠かせない味噌や醤油も酵母を利用して作られていて、ビタミンやミネラル、アミノ酸などを豊富に生み出してくれます。

(ビールやワイン、日本酒なども、非加熱かつ酵母を除去してないものは、凄く美容、健康に良いものなんです。)

 

これを考えると、ちょっとくらい気持ち悪くてもできるだけ身体に取り入れておきたいところですね(笑)

 

トルラ酵母菌の効果とは?

コンブチャクレンズのトルラ酵母菌って何?

さて、そんな美容、健康効果に優れた酵母菌のなかで、コンブチャクレンズに含まれるトルラ酵母菌とはどういうものなのでしょうか?

 

その主な利用方法は、ドイツにおいては『栄養補助食品』として、アメリカにおいては『抗酸化食品』としてFDA(米国連邦食品医薬品局)より安全性を認められていて、積極的に服用されています
因みに、ここ日本やお隣の韓国においては、肝機能を正常化させるものとしても利用されています。

 

そして、これらの効果を生み出しているのが、トルラ酵母菌に含まれる『グルタチオン』という成分になります。

 

グルタチオンの効果とは?

美容の大敵で、エイジングケアでも良く耳にする『活性酸素』。
身体の中からグルタチオンが減少してしまうと、この活性酸素をやっつける機能が低下します。

 

また、紫外線を浴びると活性酸素が発生するので、シミやそばかす、色素沈着なども起こりやすくなってしまいます。
ですから、グルタチオンは美肌・美白にも非常に良い成分なんですね。

 

グルタチオンの含有量(100g中)

トルラ酵母

8000mg

豚バラ肉

30mg

牡蠣

15mg

ほうれん草

3mg

トマト

1.5mg

牛レバー

200mg


このように、トルラ酵母菌に含まれるグルタチオンの含有量は、他の食物と比べて”ずば抜けて多い”ことが分かります。
つまり、それだけ美肌・美白・健康・アンチエイジング効果などが高いということですね。

 

また、当然体内の環境が正常化され、健康的な身体になることは、基礎代謝能力を上げて脂肪が燃焼しやすい身体作りをサポートしてくれます。
だからコンブチャクレンズは美容やダイエットに非常に高い効果を発揮するんですね。

 

コンブチャクレンズ

>

関連サイト