ファスティングの注意点とは?

ファスティングの注意点とは?

コンブチャクレンズ

今流行のダイエット方法である、ファスティング。
そのダイエット効果やデトックス効果の高さや手軽さなどで人気となっていますが、注意しておかなければいけない点を抑えておかないと、体に負担をかけてしまったりしてかえって逆効果になってしまうことも。
そこでここでは、ファスティングを行う際の注意点についてご説明します。

 

ファスティングの注意点

ファスティングは元来、専門家の指導の下に、短期集中で行うものでした。
しかし、最近ではその効果の高さに注目が集まり、より手軽な自宅でのファスティングというのが流行しています。
それだけに、体にとって危険な方法、ダイエット効果を得られない方法などで、安易にファスティングを行ってしまう方もいらっしゃいます。

 

それでは、どんなところに注意すべきか?というと、まず第一に、「必要最低限の栄養素はきちんと摂ること」です。
ファスティングは、固形物を取らないことによって、消化器官をリセットするメリットがあります。
しかし、だからといって必要な栄養素を取り込む事をしなければ、体は栄養不足になってしまいます。
これはもちろん、健康被害にも繋がりますし、一時的にダイエット効果があったとしても、次の食事での吸収率が上がってしまうので、大した効果を得ることはできません。
栄養が足りている体=濡れタオル、栄養不足の体=乾いたタオルと考えると分かりやすいかもしれません。
ですから、消化器官を極力働かせず、必要な栄養が取れる水分での栄養補給をすることがポイントです。

 

もちろん、コンブチャクレンズはファスティングの際の栄養補給としては最高にオススメです。

 

次に、いきなりファスティングを始めないということも大切です。
急に食べ物を摂取しないようにしてしまうと、急激な血糖値の低下を招いてしまいます。
そうするとめまいなどの症状が現れるばかりではなく、最悪は倒れてしまう恐れも。
このような危険を避けるためには、デトックスの前日にはおかゆを食べるなど、ゆっくりとファスティングに入っていくことが必要です。

 

また、仕事などや外出などの用事がある場合には、思った以上にカロリーを消費してしまうことも考えられます。
ですから、ファスティングを行うならば、外出の予定の無い休日に行うと良いでしょう。

 

そして、いわゆるファスティング明けも、まずはおかゆなど、胃腸に負担をかけないものから摂取するようにしましょう。
胃腸の中をからっぽにした後に、突然固形物を摂取してしまうと、消化器官にはかなりの負担をかけてしまうことになります。
また、いきなり大量の食事をしてしまっても、せっかくのファスティングの効果が台無しになるだけではなく、逆に太ってしまう、いわゆるリバウンドの危険性すらあります。

 

先にも述べたとおり、ファスティングをした体は乾いたタオルのようになっています。
普段と同じ食事をしていても、その吸収率は上がった状態になっているわけです。
これを意識した生活をしないと、やはりリバウンドの原因となってしまいます。

 

ですから、こういった事を避けるためにも、低カロリー豊富な栄養素を、水分から取り入れるようにしましょう。
・急にやりすぎると体調を崩す可能性がある

 

【ファスティングの注意点まとめ】

・必要な栄養素はきちんと摂る(水分で)

・急なファスティングはNG

・ファスティングを行うのは休日に

・ファスティング後の急な食事はNG

 

これらの事を守って、安全に、効果の高いファスティングを行いましょう。

 

コンブチャクレンズ

関連サイト