コンブチャクレンズは授乳期でも飲める?

コンブチャクレンズは授乳期に飲んでも大丈夫なのでしょうか?

コンブチャクレンズは授乳期に飲んでも大丈夫??

コンブチャクレンズのことで結構良くある質問が、「授乳期に飲んでも大丈夫?」という事です。
やっぱり、産後ダイエットで失敗するとその後が痩せにくくなるなんてことも言いますから、こういった時期のダイエットは非常に大事なんですよね。

 

ただ、体質が大きく変わったりして痩せるのが難しいのがこの時期のダイエットの特徴でもあります。
それだけに、手軽に高いダイエット効果を得られるコンブチャクレンズが使えたら凄く便利ですよね。

 

でも、授乳中のベビちゃんに悪影響があるようだったら絶対に飲めません。
それならば、コンブチャクレンズは授乳中にも飲んでも大丈夫なのでしょうか?その答えは・・・コンブチャクレンズは授乳中でも問題なく飲めるんです!

 

念のために、コンブチャクレンズの原材料を見てみましょう。

 

コンブチャクレンズの原材料

コンブチャクレンズは授乳期に飲んでも大丈夫??

イソマルトオリゴ糖液糖、ガラクトオリゴ糖液糖、食物繊維、有機アガベシロップ、りんご酢、植物発酵エキス (りんご、オレンジ、バナナ、キウイフルーツ、ゴマ、カシューナッツ、大豆、やまいもを含む)、カムカム果汁、コ コナッツウォーターパウダー、トウガラシエキス、アサイーエキス、L-シトルリン、ショウガエキス、トルラ酵母エ キス、ルイボス茶エキス、パン酵母エキス、ローズヒップエキス、ハイビスカスエキス、乳酸菌末(殺菌)、植物性 乳酸菌末(殺菌)、マキベリーエキス/クエン酸、香料、甘味料(ステビア)、緑茶抽出物、保存料(安息香酸Na)、 ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB2、葉酸

※コンブチャクレンズ公式サイトより

 

上記は、コンブチャクレンズの公式サイトから転載した、コンブチャクレンズに含まれる全ての原材料です。
その殆どが天然成分で、赤ちゃんに悪そうなものはほとんどありませんね。

 

そんな中で気になるものというと、「トウガラシエキス」と「保存料(安息香酸Na)」でしょうか。

 

トウガラシエキス

母乳育児の場合、「授乳期には辛いものを控えましょう」と言う事を良く言われます。
その理由は、母乳が辛くなったりするわけではなく、「乳質を落とす」からなんです。

 

乳質が悪くなると、赤ちゃんが母乳を飲むのを嫌がったり、乳首を噛んだりすることがあるので、やはり出来るだけ香辛料の摂取は控えたほうが良いでしょう。
ただし、コンブチャクレンズに含まれるトウガラシエキスはごく少量で、コンブチャクレンズを飲んでも「辛い」という感じがしない程度です。

 

ですから、乳質にはほとんど影響を与えませんので、安心して飲むことができます。

 

保存料(安息香酸Na)

コンブチャクレンズには保存料として、安息香酸ナトリウムが含まれて居ます。
保存料=体にあまり良いものではないというのは間違いありませんから、やはり授乳期に摂取するのは抵抗があると言う方も多いかもしれませんね。

 

しかし、授乳期に安息香酸Naを摂取することについては、実はWHOの「母乳育児と母親の薬物療法」のリスト上においても全く禁止されていません
安息香酸自体は、飲み薬や塗り薬に配合されていることも良くあるものですが、授乳中であっても安息香酸の入った薬品の摂取は制限されていないんですね。

 

ですから、もちろん大量摂取はさけるべきですが、むしろ過剰に反応しすぎる必要は無いといえます。

 

このように、授乳期であっても天然由来中心の原材料で安心して飲むことが出来るのもコンブチャクレンズの特徴の一つです。
なかなか痩せることが難しい産後ダイエットにもピッタリなので、安全に綺麗なママを目指してみてはいかがでしょうか。

 

☆とりあえず見てみる?
コンブチャクレンズの最安値はこちら

 

☆コンブチャクレンズの口コミや効果、キャンペーン情報などはこちら
コンブチャクレンズ※Amazonや楽天よりお得な最安値情報!トップページ

 

授乳中に食べてはいけないものって?

コンブチャクレンズは授乳期に飲んでも大丈夫??

ちなみに、授乳期に食べてはいけないものとはどのような物なのでしょうか?

 

乳製品

・牛乳

・生クリーム

・バター

・アイスクリーム

・チーズ

・洋菓子

まず、乳製品で脂肪分の多いものを摂取すると、まだ発達しきっていない赤ちゃんの消化器官に多くの負担を与えてしまいます。
とはいえ、カルシウムやカリウム、葉酸などを手軽に摂取できる牛乳はママにとってはありがたい物ですから、1日にコップ1杯程度など、あくまで過剰に摂取しすぎなように心がけましょう。

 

嗜好品等

・カフェインが多いもの

・炭酸飲料

・スポーツドリンク

・アイス

カフェインは、赤ちゃんの機嫌が悪くなったり寝つきが悪くなったりするだけではなく、乳幼児突発死症候群(SIDS)の危険性をも高めてしまいます。
それだけに、もっとも気をつけておきたいものの一つでもあります。(当然、コンブチャクレンズはカフェインフリーです。)

 

カフェインと言って思い浮かぶコーヒーはもちろん、コーラはカフェインに加えて糖分も多く含まれていますから、当然控えるようにしましょう。
同様に、カフェインは含まれていないものでも糖分の多い炭酸飲料、スポーツドリンク、アイスなどは産後太りの大きな原因になりますから、できるだけ控えるようにしたいですね。

 

コンブチャクレンズ

 

関連サイト