コンブチャクレンズと酵素ドリンクの違い

コンブチャクレンズと酵素ドリンク、何が違うの?

コンブチャクレンズと酵素ドリンク、何が違うの?

コンブチャクレンズと酵素ドリンク・・・主に”置き換えダイエット”に用いられる点や、”運動の前後に飲む”点など、共通点が多いですね。

それじゃあ、「この2つの違いって何?」と思いませんか?

 

それもそのはず、実はコンブチャクレンズ自体も、酵素が含まれている「酵素ドリンク」の一種なんです。

 

そもそも、酵素ドリンクの”酵素”とは?

wikipediaによると・・・「酵素(こうそ、英: enzyme)とは、生体で起こる化学反応に対して触媒として機能する分子である。」とあります。

 

・・・はい、訳が分かりません(笑)

ま、簡単に行ってしまうと、食物を消化・代謝をサポートする働きをしていて、人間の生命活動に無くてはならない物質です。

 

人間の体内に存在する酵素にもいくつかの種類があり、そのメインとなるのが「消化酵素」と「代謝酵素」です。

消化酵素は文字通り、食べたものの消化をサポートし、身体に吸収されやすくしてくれるもの。

 

代謝酵素は、消化酵素によって吸収された栄養を、エネルギーとして働かせるものです。

つまり、代謝酵素が無ければ、心臓を動かすことも、呼吸をすることもできなくなり、生命の維持自体が不可能になってしまいます。

 

これら一連の働きを「基礎代謝」と言いますが、酵素と言うのは、こんなにも重要な働きをしているんですね。

 

もちろん、基礎代謝が上がれば、筋肉の動きが活発化します。

そうすると、より多くのエネルギーを代謝することが可能となりますから、これがダイエットにつながるという訳です。

 

これを利用して、「酵素を経口摂取して痩せましょう!」と言うのが、酵素ドリンクです。

コンブチャクレンズは、酵素ドリンクに「燃焼効果」をプラス!

コンブチャクレンズと酵素ドリンク、何が違うの?

コンブチャクレンズには、200種類以上の酵素が含まれていますから、ただ単に酵素ドリンクとしても、かなりの効果を発揮します。

でも、酵素ドリンクとの大きな違いは、更に種類の酵母菌を配合することにより、燃焼効果をプラスしてあることにあるんです。

 

トルラ酵母菌

トルラ酵母菌には、活性酸素を除去する成分「グルタチオン」が豊富に含まれています。

活性酸素の除去=アンチエイジングですから、美容面はもちろん、より若い身体を維持するためにも重要です。

 

身体を若く保つことができれば、基礎代謝能力も高く保てますから、身体の持っている燃焼効果を維持し、太りにくい身体をキープすることができます。

 

パン酵母菌

パン酵母菌は、「炭水化物・脂質・糖質」を代謝し、エネルギーへと変換する働きをしています。

この代謝効果が、余分な摂取カロリーをカットし、燃焼してくれるんですね。

 

炭水化物・脂質・糖質と言えば、肥満の3大原因。

この3つの成分を代謝してくれると言うのは、非常に嬉しい効果です。

 

コンブチャクレンズと酵素ドリンクの違い まとめ

このように、コンブチャクレンズは酵素ドリンクを摂取することによる「基礎代謝能力のアップ」に加えて、

・トルラ酵母菌で基礎代謝能力を保つ

・パン酵母菌で肥満の原因を燃焼

という、2つの効果がプラスされていることが分かりました。

 

ということは、「より痩せやすいのはどっち?」と聞かれたら・・・当然、「コンブチャクレンズ」だと言えるでしょう。

これこそが、コンブチャクレンズと酵素ドリンクの違いです。

 

コンブチャクレンズ

関連サイト